プレミアムフードとは…にゃ。ランキングはあてにならないにゃ(ΦωΦ)

白猫





こんにゃちは(ΦωΦ)

僕にゃ。

 

 

 

 

今回はプレミアムフードについて書きますにゃ。

 

 

 

 

▼プレミアムフード一例はこちら▼



 

 

 

一般的に猫のプレミアムフードの基準は、

 

●人間が食べても大丈夫な原料を使っている

●AAFCOというアメリカの飼料検査官協会が定める基準をクリア

●肉や魚など動物性たんぱく質の摂れる原料を主原料とする

●オーガニックな原料を使っているもの

●無添加のもの

●国産原料を使っている

●人が食べられるレベル「ヒューマングレード」の原料を使っている

 

ということにゃ。

 

ようするに、「品質が高い安心安全なキャットフード」ということにゃ。

 

 

それでプレミアムフードはお値段が高めにゃ(ΦωΦ;)

 

 

逆に安いのが悪いわけではないにょだけど、以下には注意してほしいにゃ。

 

 

 

★「穀類」が多く入っている

猫は肉食動物なので穀類を多く摂る必要はありませんにゃ。「穀類」が一番多く入っている理由の1つは、安くかさ増しするためにゃ。

 

★「肉副産物」「肉ミール」

「肉副産物」…動物の肉以外の部分、肺、肝臓、腎臓、胃、腸や血液や骨、くちばし、羽などのことにゃ。4Dミートを使っている業者もあったそうにゃ。

 

★4Dミートとは?

Dead(死んだ)」

Dying(死にかけている)」

Diseased(病気の)」

Disabled(けがをした)」

人間の食用に出来ない、廃棄肉の総称にゃ。

 

 

 

 

▼プレミアムフード一例はこちら▼



 

 

★危険・問題とされている添加物(酸化防止剤)

BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

石油用の酸化防止剤として使用されてきた添加物にゃ。発がん性の恐れがあるとされていますにゃ。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

ガソリン用の酸化防止剤として使用されてきた添加物にゃ。非常に強い抗酸化作用あり、甲状腺がん、膀胱がん誘発する発がん物質であると言われていますにゃ。

エトキシキン

非常に強い抗酸化作用を持つ酸化防止剤で、日本では使用が認められたことがありませんが、海外のペットフードの中にはエトキシキンが使われているものも存在しますにゃ。

亜硝酸ナトリウム

発色剤、保存料として使われていますにゃ。発がん性の危険が指摘されていますにゃ。

 

 

★天然の添加物(酸化防止剤)

ミックストコフェロール

酸化防止剤、栄養強化剤。α、β、γ、δという4種類のトコフェロールが入ったビタミンEのことにゃ。植物性油脂から得られる成分でこの他にも天然の保存料・酸化防止剤は、ビタミンE(トコフェロール)、ビタミンC(アスコルビン酸)、クエン酸、緑茶抽出物(カテキン)、コーヒー豆抽出物(クロロゲン酸)、ローズマリー抽出物などがありますにゃ。

 

 

天然が良いような感じがしますが、添加物であることは変わりないにょで参考程度にしてほしいにゃ。

 

 

じゃあ何を基準にしたらいいかは今度書くにゃね。

 

 

 

 

にゃん!